チャリティ古本市寄付先 Stand with Syria Japanインタビュー

2019年度前期チャリティ古本市寄付先

Stand with Syria Japanインタビュー

Stand with Syria Japanスタッフ:道工桃子 氏

聴き手・構成:早稲田奉仕園 海野牧人

セミナーハウスの主軸に流れているテーマのひとつが「市民活動の支援」です。その中で「チャリティ古本市」は長きにわたって古本の売上を市民活動団体へ寄付させていただいております。今回は49,350円をシリアの市民への支援と啓発をおこなっている20代を中心とする若き市民活動団体・Stand with Syria Japanさんに寄付いたしました。古本市は、寄付だけでは終わりません。皆さまからいただいた寄付金を市民団体の方々にお届けし、そこから実質的な活動が始まります。その団体の活動を皆様にお届けし、もっと詳しく知りたいという思いがあり、今回はStand with Syria Japanスタッフの道工(どうく)さんにその活動内容や思いについてお伺いしました。道工さんの熱い思いが伝わるお話は、当初の予定時間をオーバーするロングインタビューになりました。今回は抜粋版を掲載します。

 

―本日はお越しいただきありがとうございます。5/15から始まったセミナーハウスのチャリティ古本市ですが、今回はStand with Syria Japanさんにということで、ご寄付させて頂きました。きっかけはセミナーハウスをお使いいただいたシンポジウムです。シリアの声、当事者の声に寄り添うということで活動されていると思うのですが、改めて活動内容と、道工さんがどのようにStand with Syria Japanに加わったのかという経緯について聞かせて頂けますか?

※2019年3月23日に奉仕園内でおこなわれたシンポジウム。リバティホールは満席で、活発な議論が交わされました。

 

道工さん:はい、本日はありがとうございます。当団体は現在進行形でシリアにおける破壊・殺戮の中で苦しむ方々に寄り添いたいという強い思いを持ち、何かできないかという思いで立ち上がった団体です。設立は2017年4月、NPO法人化されましたのは本年の5月です。その前に代表の山田一竹が立教大学の学生だった時に、実際の活動がスタートしております。

 

―私たちのチャリティ古本市は、奉仕園をお使いいただいた方々からの寄付という形になるのですが、この寄付金はどのような支援としてお使いいただけるのでしょうか?

 

道工さん:現在、私たちは「マンスリー・サポート」を始めておりまして、今までは一時的な緊急支援だったんですけど、今回はどこからも支援が入っておらず、今普通の人としての生活が保障されないところにある5つの家族に対する具体的な支援を始めております。まさにその資金がたりないところを、早稲田奉仕園様のご寄付を頂き早速すぐに届けさせていただきます。

 

―ありがとうございます。Stand with Syria JapanさんのHPを拝見すると、“月3000円で赤ちゃんのミルクを買うことができ、おなかをすかせて苦しむことがなくなります”とか“テントからの生活から抜け出しアパートを借り”…と具体的に書いてあるのですが、この家族の方々は逼迫した状況なんですよね。

 

道工さん:はい。しかし、どれもまだ支援が足りない状況でして…

 

※SSJ公式サイトより https://standwithsyriajp.com/category/monthly_support/

 

―(上記キャンプのHP画像を見て)いま、本当にこのような状態なんですか?

 

道工さん:ええ、このようなキャンプが点在しており、キャンプとはいえ千差万別ですが。これもまさに1つの現場です。

 

―これが何か所もある、というイメージですか?

 

道工:そうですね。

 

―いまそういった家族の方への支援というのをご寄付で、活動の中でされているということですね。寄付による支援活動はStand with Syria Japanさんの事業内容の支柱なのでしょうか?

 

道工さん:はい、事業内容は3つあります。1つには日本の、私たち自身の関心としてしっかりこのシリアの情報をお伝えし新しい情報のもとでの関心を持っていただくこと。偏見なく関心を持ってもらう。シリアの人々に寄り添う思いを持つ者の連帯を広げていく活動ですね。もう1つの活動はシリア人の実際の家庭ですとか困窮している方たちへの物資面での支援です。もう1つが人権擁護(Human Rights Advocacy)です。シリア内では人道上許せない犯罪が行われている現状があり、それに対する犯罪の訴追といいますか、戦争犯罪を問うことです。市民に対する虐殺に対して人権(Human Rights)を取り戻させたい。プロパガンダによって殺されていって、なんの人権も認められていないような事実に対して一刻も早く彼らの人権を取り戻すといった活動。この3本をもとにStand with Syria Japanは活動を行っております。

 

―ありがとうございます。最後の質問です。先ほどからアサド政権がもたらしている惨状についてのお話がありますけれども、今のシリアの現状を知りたく思います。そしてStand with Syria JapanさんもNPO法人化され、これからさらに拡大されると思うのですが、今後の展望についてお聞かせください。

 

道工さん:そうですね。現在のシリアの現状ですが、日本ですがニュースでの報道が少ない状況だと思います。実際にはシリアの北部を中心に、もともといた市民よりも多くの市民が実は北部に流れたのですが、シリアのアサド政権がロシアの協力により強化され、空爆がおこなわれています。規模で言うとアレッポが陥落したり、大都市陥落が大きかったのですが、現在も何百人以上の方が亡くなり、苦しい状況にあります。そして、様々な国のNGO・NPOが支援に、アサド政権主導のシリアの復興のために支援資金を出しています。その中でも市民が殺され続けているという状況です。機関だけでなくいま難民を続けていることに対しても世界中がもう復興でいいんじゃないかという流れになっていく恐ろしさというものを訴え続けていく必要があります。それからAdvocacyの力も強めていきたい。世界の同じ思いを持つ人たちと連帯を強めていくっていうこと。加えてStand with Syria Japanの特徴のひとつが現地の方との強いパイプです。早稲田奉仕園をご利用したシンポジウムの際もSkypeで現地との中継がなされました。Skypeで日本にいる私たちがまさに現地のアクティビストの方と意見を交わし合うことができる。リアルタイムの、私たち自身が同じ時代に生きているという共有し合うという連帯が強い暴力に打ち勝つことができるのか。それが私たちの変わらない思いであり、一番苦しんでいる人たちに寄り添い、同じ思いとして連帯を広げ、そしてその暴力を阻止させていく。そして彼らの失われた人権を回復していくという部分は、変わることなく強めていきたいと考えております。

 

―ありがとうございます。力強いメッセージと思いを聞かせて頂き、私たちも皆さまを微力ならが支援させて頂けて、嬉しく思ってます。早稲田奉仕園はStand with Syria Japanさんのような団体を支援することをテーマに掲げております。今後とも是非ご利用いただければ嬉しいですし、私たちも活動を見守っていきたいと思っております。

 

道工さん:ぜひ今後ともよろしくお願いします。

 

SSJスタッフ道工氏、セミナーハウス海野

2019年7月早稲田奉仕園セミナーハウスにて

 

コメントを残す