映画「少女」 スコットホールで撮影されました

 

現在上映中の映画「少女」、ご覧になりましたか?

駅や映画館で「どこかで見覚えのある…?」ポスターをご覧になった方もいらっしゃることと思います。

そうです!

映画「少女」の撮影は、ちょうど1年前の10月、スコットホールで行われました。

 

この映画の監督三島有紀子さんは、ヴォーリズがキャンパスを設計した神戸女学院のご出身。

建築好きを自称するだけあって、撮影前のロケハンではスコットホールの塔屋や屋根裏までくまなく見学され、特に神戸女学院の講堂と類似している舞台正面の壁のアーチ状の形態や舞台の高さがお気に入りの様子でした。

 

「少女」の封切りを前に「建設通信新聞」(2016年10月6日付)の「けんちくのチカラ」に三島監督のインタビューとスコットホールが紹介されているのでご紹介します。

20161006%e5%bb%ba%e8%a8%ad%e9%80%9a%e4%bf%a1%e6%96%b0%e8%81%9e%ef%bc%91

建設新聞の記事はこちらで読めます

 

記事の中で三島監督は、スコットホールについて「素晴らしい意匠、空間ももちろんですが、歴史があることがとても重要。歴史は人工的に作れません。(中略)私の考えを伝えてくれる空間がスコットホールだった」と語っています。

 

その言葉通り、映画では、とても重要なシーンとしてスコットホールが使われ、インパクトのある空間として描かれています。そして、生と死の危うさの中で、少女たちが敢えて生きることを希求することを象徴するシーンとして、何度も登場します。

 

映画やTV、雑誌などに登場することが増え、ますます注目度が高まっているスコットホール。ご利用の方にはもちろん、このような機会を通じてもスコットホールの良さを知っていただけるのはうれしいことですね。

 

映画「少女」の公式サイトはこちら

 

 

三島有紀子監督のブログはこちら

 

 

どうぞご覧ください。

 

Share on reddit
Share on LinkedIn
Pocket
LINEで送る