桜花撮影会を開催しました

北田英治の写真講座番外編として4月7日(木)横浜黄金町(こがねまち)で桜花撮影会を開催しました。

当初、大岡川の両岸に咲く桜並木のトンネルをクルーズ船から撮影するという目的でしたが、
この日は雨で出航中止となってしまったため、予定を少し変更しました。京急黄金町駅前に集合したあと、河口方面へ大岡川の桜並木を歩いたり、ガード下にあるギャラリーや昭和を彷彿とさせるレトロな建物などを撮影することになりました。

レトロといえば、野毛の都橋商店街は東京オリンピック(昭和39年)開催前に通りに並んでいた露店や屋台を収容するために建てられ、その形状は「ハーモニカ横丁」とも言われる横長の建物で約60店舗が営業しています。
訪れたときは日中なので人の気配はしませんが、夜になればお店からの明かりが漏れてきていい雰囲気になりそうです。

馬車道駅近くにあるバンカートは1953年に建てられた日本郵船株式会社の元倉庫で、2006年に建物の一部分をリノベーションして、アートス ペースとして運営されています。ここで内部を撮影した夕方になり空がようやく明るくなりました。

昭和の面影とアートによる街づくりに活動をに力をいれている黄金町・日ノ出町から歴史的建造物や高層ビルが立ち並ぶ横浜まで様々な要素がまじりあった興味深いエリアでした。

img_6343a img_6341a dsc04965a

Share on reddit
Share on LinkedIn
Pocket
LINEで送る