沖縄フィールドワークを開催しました

今年のゴールデンウィークも沖縄フィールドワークを開催しました。5月2日(月)から5日(金)まで、沖縄県内の各地を周り、沖縄戦の歴史や米軍基地問題について学びました。参加者9名(そのうち留学生4名)、引率2名、ガイド3名の計14名でした。

14
沖縄戦で激戦となった嘉数高台公園でその歴史を学び、普天間基地を展望しました。夜間にも飛行訓練があり住民の生活が脅かされる現実を学びました。

62
平和祈念公園では沖縄戦で亡くなった方々の名前を彫った「平和の礎(いしじ)」を見学しました。戦時中の敵と味方の区別なく、亡くなった方々の名前を彫っています。しかし、一家全滅によって名前の分からない方や日本軍兵士として戦った当時の植民地出身者のご遺族の意向で、名前を彫ることのできない方もいらっしゃいます。

stef1
ひめゆり平和祈念資料館を訪問しました。ある留学生は今回の訪問で、ひめゆり学徒のことを自分の卒業論文のテーマにしたいと考えている、と語ってくれました。多くの参加者の印象に残った資料館でした。参加者は自分たちよりも若いひめゆり学徒の体験に心揺さぶられました。
90-1 88
普天間基地「移設」問題で揺れる、名護市辺野古を訪れました。晴天に恵まれ、素晴らしく綺麗な海で泳ぎました。

stef3
伊江島では反戦平和資料館を訪問しました。戦中や戦後の様々な資料が展示されていて、戦争の歴史をリアルに学ぶことができる資料館です。

4 129
伊江島の城山(ぐすくやま)で綺麗な夕日を見ました。集合写真をパチリ!そして、城山の頂上でもパチリ!

6月29日(水)には早稲田奉仕園にてフィールドワークの報告会を開催しました。参加者が沖縄で食べたタコライスの美味しさに感激し、自分たちで作りました。

IMG_5360 IMG_5366

お店で食べたタコライスにかなり近い味を再現できました!そのタコライスをみんなで食べて、フィールドワークのときの写真をスライドショーで見て、参加者が自分の感想をシェアしました。

IMG_5404

Share on reddit
Share on LinkedIn
Pocket
LINEで送る