シャプラニールの「ネパール大地震支援活動報告会」に参加し、セミナーハウスフロントで集めた募金をお渡ししました。

4/23、YOU-Iホールにてシャプラニールのネパール大地震の震災支援活動の報告会「ネパール大地震から1年 今とこれから」が開かれました。

報告1

 

報告者の前カトマンズ事務局長の宮原麻季さんは、ネパール駐在中に震災に遭われたとのこと。

「ネパールでの支援活動の1年を終え、日本に帰国した途端の熊本地震で、当地の人々はどんなにか不安な日々を送られていることか。この支援活動の経験が熊本地震で被災された方々にも、少しでもお役にたてることがあればという思いで報告します」

との言葉から報告は始まりました。

2015年4月25日に発生したネパール大地震は、M7.8、死者8891名、負傷者22309名、家屋の全・損壊は90万件にも上りました。

シャプラニールは地震発生直後から緊急支援活動、復興初期活動に携わってきましたが、1年の支援活動を終え、これからも復興支援活動を続けていくそうです。

今後は「防災、減災力を地域全体で高める活動」「被災学生の教育支援と被災者のコミュニティスペース支援」に力を入れていくとのことです。

会場には60人を超える方々で熱気があふれ、若い参加者も多く、関心の高さが感じられました。

 

報告2

 

会場ではシャプラニールのフェアトレード商品も販売され、報告会終了後は交流会も開かれました。

グッズ

 

この会にて、フロントの支払カウンターに置いた「募金箱」に入れていただいた募金2646円をお渡ししました。

少額ですが、この1年間、お客さまがお支払いの際におつりなどを1円、10円と入れてくださったものです。

みなさま、ご協力ありがとうございました。

Share on reddit
Share on LinkedIn
Pocket
LINEで送る