中庭に新宿の地場野菜「内藤とうがらし」を植えました!~アトム通貨「内藤とうがらし再興プロジェクト」に参加しています~

内藤とうがらし再興プロジェクト」とは

かつて江戸時代に新宿一帯で広く栽培されていたという「内藤とうがらし」。

アトム通貨ではこのとうがらしを地場野菜として復活させ、高田馬場・早稲田のブランドにしよう!と地域の企業・団体・飲食店に栽培を呼びかけて、地域活性化に取り組んでいます。

収穫したとうがらしは高田馬場・早稲田の飲食店で使用したり、創作料理検討会を開いたり、10月には「バル辛フェスタ」を開催するなど、おいしいイベントで盛り上がっています。

今年は早稲田奉仕園も国際協力NGOシャプラニールと共同でこのプロジェクトに参加することになりました!

さっそく中庭の日当りのいい場所にとうがらしの苗5本を定植。

シャプラニールの国内活動インターンの齋藤賢志さんが、とうがらしが真っ赤に実るまでお世話くださることになりました。

とうがらし①  とうがらし②

シャプラニールのみなさん、とうがらしが収穫できたら、ピリッと辛いおいしいベンガルカレーを作って、カレーパーティしましょうね!

今は小さな苗だけど、たくさん実るようお世話もがんばります!

 

Share on reddit
Share on LinkedIn
Pocket
LINEで送る