スコットホールで戴帽式が執り行われました

春うらら、桜満開の中、入学式を迎える方もいらっしゃることでしょうね。

奉仕園のすぐ近くに「早稲田医学院歯科衛生士専門学校」という歯科衛生士さんを育てる専門学校があり、毎年、入学式、卒業式など、学校のセレモニーごとにスコットホールを使っていただいています。

 先日、3月31日にスコットホールで「戴帽式」が行われました。

「戴帽式」とは、医療や看護を学ぶ学校などである程度基礎的な勉強が進み、これから実習が始まるという時期に当たって、職業としての意識を強く持つことを自覚するために、「ナースキャップ」を頭に戴くという儀式。

厳かな雰囲気の中、ナイチンゲール誓詞という誓いの言葉を述べて、思いやりや人間愛の心を持つことを誓うという憧れのセレモニーだそうです。

集合写真 早稲田医学院HPより

早稲田医学院HPより

早稲田医学院歯科衛生士専門学校さんでは昼間部2年次の9月に、夜間部では1年時の3月に戴帽式を行うそうです。
素敵な歯科衛生士を目指して頑張ってくださいね。 

*セミナーハウスは専門学校、日本語学校の入学式、卒業式などのセレモニーにもご利用いただけます。
お申し込み・お問い合わせはseminar@hoshien.or.jpまで

Share on reddit
Share on LinkedIn
Pocket
LINEで送る