「サド侯爵夫人」 スコットホールギャラリーにて演劇公演

あまり知られていないのですが、実はスコットホールギャラリーは、3か月前より時間貸しのスペースとして利用されています。 

つい先日は劇団安全ピンの「サド侯爵夫人」の上演がありました。

サド侯爵夫人表-1a

煉瓦の壁を背景に独特な世界が表現されていますね。

 SH3J0374 SH3J0379

劇団安全ピンはいつもリバティーホールなどで公演している、早稲田大学ロシア語劇団「コンツェルト」OBを中心にして結成された劇団です。

演出の黒田圭さんから、

非常に演出とマッチした空間になって、とても良い公演になりました。ありがとうございます。

ギャラリーについて知らなかった人が大半でしたが、非常に評判がよかったです。

ぜひ、またの機会に使用させていただきたいと思っております。」

との感想をいただきました。

 

スコットホールギャラリーをいろいろなイベントで使ってみませんか?

ギャラリーのスペース利用についてはこちら

Share on reddit
Share on LinkedIn
Pocket
LINEで送る