第1回東京の近代建築スケッチ公募展 始まりました

12/1(土)時折、強風と雨が降る中、オープニングレセプションには30名ほどのみなさまにお越しいただきました。
講演会「近代建築とレンガ」では都市形成史研究家の岡本哲志さんにレンガ建築が近代日本に果たした役割について、お話しいただきました。

パーティではまず3賞の発表をしました。


「スコットホールギャラリー賞」は今井俊介さんの「スコットホール」


「鈴木喜一賞」は瀬野高秀さんの「新宿伊勢丹」

 
「岡本哲志賞」は森本太郎さんの「カトリック神田教会」と笹森和子さんの「明治学院礼拝堂」

「みんなが選ぶ第1回東京の近代建築公募展大賞」は会期中に来場していただいた方の投票と本展実行委員の審査によって決まります。
大賞の賞品はなんと「スコットホールギャラリーの6日間使用権」です。ご来場の際にはぜひご投票をお願いいたします。
オープニングパーティは出品者のおひとりおひとりから作品のご紹介をいただき、なごやかな交流の時となりました。

スケッチ公募展は12/9(日)18:00まで開催しています。

 

いま描きとめる東京の近代建築 第1 回 東京の近代建築スケッチ公募展
http://www.hoshien.or.jp/gallery/exhibitions121201.html

第1 回 東京の近代建築スケッチ公募展 公募作品一覧
http://www.hoshien.or.jp/gallery/exhibitions121201_photogallery.html 

Share on reddit
Share on LinkedIn
Pocket
LINEで送る