報告:「ミツバチの羽音と地球の回転」上映会in早稲田

** 報告 **

昼の部のご来場者数は98名、夜の部のご来場者数は141名で、合計で239名の盛況となり、会場が満杯になりました。
また、収益金とカンパの合計金額が386,510円となり、測定器47台プロジェクト母乳調査・母子支援ネットワークの2団体へ寄付することができました。感謝を込めて報告致します。

** 告知 **

早稲田奉仕園では3月末より早稲田大学YMCA・日本バプテスト同盟と協働し、被災支援活動ボランティアの派遣(計7回)を行いました。 この度は福島第一原子力発電所の事故を受けて、持続可能なエネルギーへの未来的転換について考える機会を持ちたいと願い、「ミツバチの羽音と地球の回転」上映会と鎌仲ひとみ監督のトークショーを開催します。多くの方のご参加をお待ちしています。

※ ご予約が必要となりますので、お早めに下記のお問い合わせ先までご連絡ください。

【日時】2011年6月3日(金)
昼の部 13時00分 開場、13時30分 上映開始、15時45分 監督トーク、16時30分 終了予定
夜の部 18時00分 開場、18時15分 上映開始、20時30分 監督トーク、21時30分 終了予定

【会場】早稲田奉仕園
昼の部 リバティーホール (先着100名、要予約)
夜の部 スコットホール講堂(先着200名、要予約)

【入場料】1,000円(当日会場受付にてお支払いください)
全額を下記の団体へ義援金として寄付致します。

測定器47台プロジェクト
母乳調査・母子支援ネットワーク

【ご予約お問い合わせ】
TEL 03-3205-5406 (月~土 12:00~19:00)
E-mail press@hoshien.or.jp

ご予約の際には「昼の部または夜の部ご参加。ご予約何名様。」をお知らせ下さい。

【主催】(財)早稲田奉仕園

【協賛】日本バプテスト同盟、国際協力NGO シャプラニール=市民による海外協力の会、クリスチャンアカデミー、平和を実現するキリスト者ネット、原子力行政を問い直す宗教者の会、キリスト教視聴覚センターAVACO、NCC教育部、日本YMCA同盟、日本YWCA、日本キリスト教団、日本キリスト教海外医療協力会 JOCS

【協力】日本キリスト教協議会、チェルノブイリ子ども基金、女たちの戦争と平和資料館WAM、学生キリスト教友愛会 SCF、国際協力NGOセンター JANIC、アジアキリスト教教育基金 ACEF、日本キリスト教団早稲田教会、在日韓国人問題研究所 RAIK、キリスト教保育連盟

reddit にシェア
LinkedIn にシェア
Pocket
LINEで送る